スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞 結果

1着:ダイワスカーレット
2着:レインダンス
3着:ウオッカ
まずは恒例の愚痴w
「秋初戦だからね。前走のような競馬にはなりたくなかったし、次のことも考えた」
四位騎手のコメントです。
私の敗北はこれに尽きると・・・
以前から分かってはいたんですがこのレースに生死を賭けるというか・・
「次のことも考えた」は勝負師のコメントとは・・・
レース前はダービーで戦った牡馬の為にも恥ずかしくないレースを・・・
牝馬限定で3着は恥ずかしく無いのか?

GⅠでは着狙いをする騎手だとは分かっていたのですが
ウオッカの能力なら(後ウオッカの時の今までの騎乗ぶりと)勝ち負けの勝負をと考えていたわけで・・・・・・やっぱりこの騎手はGⅠでは信用しきれません。
四位騎手の2着固定は愚かでしたは
2007秋華賞


ダイワスカーレットはテンに引っ掛りヒヤヒヤしましたが、その後折り合い中盤ラップを緩めてラスト33.9の上がり。完勝でしたね。
新馬戦で2000m勝っていて、内回りの2000mは最適な条件では?
次はエリザベスでしょうか?逆に次は難しいですね。中盤緩めるラップが見込めそうに無いので初の厳しいラップのレースが見られるのでは?と見ています。

レインダンス:日曜朝の時点で雨が降るという予報・・真っ先に消す有力馬となりましたが昼になっても降らない。
この時点でこの馬運が向いているなーと感じて残しました。
ただここで運が向いた→連まで突っ込む予感が想像できなかったのも駄目駄目ですは
3強の1角に食い込んだ事評価です。
ローズSが最高の競馬だったのでこれ以上は?と思いましたが
同じようなパフォーマンスを2度続けたことも評価です。
いやーいい馬です。

ウオッカ:終わってから言ってみると秋華賞は古馬との対戦との叩き台のレースだったということか・・・

ベッラレイア:この馬の前走の上がりは最大限評価するが、内回りのレースでは騎手をして完璧に騎乗するという難しい課題があった。
折合いのファクターもあったが
レース前一番折合いに不安がないのがベッラレイアだと周りが言っていましたが結果は・・・・

ラブカーナはココでは辛いと思いましたが思い入れで・・よく頑張ったよ。
ザレマは瞬発力勝負は駄目ですね。ただここに入ると力差を感じます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アクまの

Author:アクまの
的中を増やしたい!!
最近WIN5に興味アリ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。