スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズステークス 展望

現状では2頭の名前が筆頭にあがりますか
オークスでの幻の対決となった2頭が
まあ転望していきますかw

ダイワスカーレット
桜花賞馬。ウオッカと共に今年の3歳牝馬で図抜けた存在
ラスト33秒台の脚を使う瞬発力は脅威というしかないです。
敢えて弱点
☆スローペースの競馬しか経験していない:前半からなし崩し的に脚使った場合にラストの脚が鈍るのか・鈍らないのか?
☆長距離:母系の一族の血統的に付き纏う不安。2000mが境で2400mが今のところ鬼門。現在のレースぶりだと先行してラストいい脚使えるのは父アグネスタキオン譲りかな?
☆道悪:といってもラスト33.7なので不安までいかないが、より道悪得意な馬に足元すくわれないか。

ベッラレイア
フローラステークス。遅れてきた大物の異名もあるとかないとか^^;
ナリタトップロードという血統が私を駆り立てるw
といっても新馬戦での単勝しかお世話になっておりませんがw
スカーレットが33秒の脚ならベッラレイアは34秒台の脚をコンスタントにだせる馬。
どっちかというと長くいい脚使うか?
オークス馬ローブデコルテをものさしとして考えると現状辛い部分ありますが、実際対決はしていないので逆転あるか!な?


後で他の馬できれば
●レインダンス
春のチューリップ賞でその能力の片鱗は見せていましたが、夏の上がり馬のような活躍をされていますね。
33~34秒の脚を着実に使えて本格化の様相。
チューリップ・桜花賞での1秒付けられたダイワスカーレットとの着差を何処まで詰められるのか?
雨が苦手のことなので週末の天候も気になる馬です。

●ランペイア
春から期待され高い人気が着順と中々結びつかなかった馬。
重賞でも2番人気に支持されるも未だ500万クラスの身
ただ2頭出しとはいえ、ローズSでは軽視できない松田国英厩舎
賞金足りていないこの馬には勝負気配が
道悪はノメッて駄目な感じ。

●ザレマ
血統的には気になる馬(POG的ですが)
トビ大きく・やや頭が高いので追っての切れ味は不十分な感じのするこの馬。やっぱり先行しての平均的に脚使う流れが向くのでは
スローペースの瞬発力勝負ではスカーレットには分が悪い。
調教師からも大トビで不器用な面があるとのこと。
最近馬体増らしいのですが、大型馬であまり大幅な馬体増は競馬叩きつつの印象を持ってしまう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アクまの

Author:アクまの
的中を増やしたい!!
最近WIN5に興味アリ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。