スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤審のデパート

誤審のデパート
今、日本のプロ野球界でこのような異名を持った審判がいらっしゃるのねw
袖番号1・セリーグ審判部長・井野修

うーむある意味凄いな。
この間は阪神ー中日戦ですか・・阪神ファンは怒っているだろうなー・・

最近はプロ野球見なくなってきたが、審判のジャッジレベルは年々下がっている感じがして・・・衰退の一方??

良くならないかな・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

贔屓のチームに不利な判定=誤審

「審判のジャッジレベルは年々下がっている感じがして」というからには、ルールやフォーメーションなどの審判技術を十分ご理解されていると思われます。もしそうでなければ、単なる誹謗中傷になりますからね。

具体的には、どのようなところがレベル低下しているのでしょうか?

ありゃ~ね~ずらよ

あの試合は見てたけどあの場面のジャッジは酷いずらよ。
ルールとかフォーメーションとかより野球を見る目(経験値)を疑ったずらぜよ。
審判は一塁走者の藤原のブラインドになって見えなかった思うずらけど、一度ベースを行き過ぎた中日の井端がセカンドベースに戻るタイミング考えて欲しかったずら。
こうゆうのは人間の動き分かってねーと無理ずらよ。
あの塁審もベテランなら分かると思ったずらよ。
他の仲間にも聞いてみるずらよ。

山田太朗さんコメントありがとうございます。
野球のルールは隅々まで知りませんよ。テレビに向かって怒鳴る野球オヤジレベルですから^^
審判に対して出来るのは監督がアピールまで、とこんなぐらいですかね。(岡田監督が退場なのは当然ですね)

フォーメーションですが時計回りのクロックワイズかな・・すいません詳しくないです。
走者1塁の時は内野内にいなければいけない。この間の試合では位置取りはあそこでしょうがないですね。私としては他の審判にもジャッジに加わって欲しいと思った次第です。

レベル低下の件ですが、これは統計とっている訳で無いので言いすぎですね、ごめんなさい。
これはTBSのTV番組「サンデーモーニング」のご意見番のコーナーでジャッジについてのしっかりしろという意味の”渇”が増えているなーと思ったので書かせてもらいました。

最近ではヤクルトの青木選手のカウント間違いですかね・・あれは審判だけでなく電光掲示板の係りの人とか多数問題ありそうw

何処のチームもファンも負けるにしてもモヤモヤしたくは無いです。

タイトルの誤審のデパートなんですが、これは中日を応援するファンの方のブログに載っていた言葉を頂戴したものです^^

長文になり失礼しました。

殿馬一人さんコメントありがとうございます。
二塁塁審は見えにくかったと思います。一塁や他の塁審にも判断を仰いで欲しかったです。
ハーフスイングのアピールなら塁審に問い合わせるのがあるので、非常に微妙なジャッジの時はビデオとまでは言わないので協議ぐらいはして欲しいです。私としては。

コメントありがとうございました。
最近テレビを見ていて気になるのが、野球解説者はルールを知らないにも関わらず無責任なことを公共の電波にのせていることです。

審判のたち位置が悪いと言っていた解説者がいましたが、あの場面だとどこに立つのがベターなのか解説していませんよね(これは憶測ですが、多分知らないし、わからないからだと思います)。

野球のルールは審判員のジャッジを前提とした上で、条項が適用されます。監督と当該選手ができる抗議とよく言われますが、審判員のジャッジを前提にして、条項適用が誤っているという形でしかできません。今回の件で言えば、岡田監督が他の審判に聞けという権利はないにも関わらず、それを主張しているという形です。だから、井野さんはそれを退けたのだと思われます。

それから「ハーフスイングのアピールなら塁審に問い合わせるのがあるので」とありますが、これはルールだから問いあわせているのです。公認野球規則9.02(c)【原注】に規定されていて、ハーフスイングで球審がストライクを宣告しないときだけ、監督もしくは捕手がリクエストできます。しかもこのような要請を受けた場合、球審は塁審に判定を一任しなければならないとなっています。

長くなりましたが、コメントを読んで感じたことを書かせていただきました。ありがとうございました。失礼します。

山田太朗さん 返す返すコメントありがとうございます。

野球解説者はー・・音量下げてあまり聞かないようにしています。聞かない方が楽しめるので(一部聞くに堪えない・・いや、なんだかなーと思う人もいたりするので)

ハーフスイングのルールですが、球審は塁審に判定を一任になるんですか。知らなかったです。為になります。

今回かなり言葉足らずで語弊のあるエントリーでした。
ご指摘してくださってありがとうございます。

私のコメントに対して真摯な対応ありがとうございました。もしかすると自分の庭に勝手に入ってきたと不愉快な思いをされたかもしれませんね。もしそのように感じたのであれば、申し訳なかったです。

この件に関しては、最後の書き込みとさせていただきます。今回、あえて反論を掲載した経緯を少し書かせていただきます。

実は知り合いにスポーツ新聞の記者がいるのですが、彼は野球をあまり知りませんし、好きでもないそうです。トラブルが起きると球団側の言い分に沿う形で書かないと情報(選手のインタヴューを含めて)がもらえなくなるそうです。ミスジャッジと書いても審判員から反論はないし、取材拒否されても紙面には影響がないとも言っていました。

くわえてセ審判員にも数名知り合いがいます。一度、反論したらいかがですが、と助言してみました。すると「反論や説明と言われても…、当該審判員がどのように見たかを示したのが、ジャッジだから」と言われました。

また、何度か試合前の審判控室に伺ったこともあります。その日の球審予定の方は相当緊張していますし、首位攻防戦ともなれば球審だけでなく、塁審といえども前日は眠れないほどのプレッシャーを受けています。昨シーズン、上本氏が死亡し、渡真利氏が試合途中に倒れています。報道されていませんが、それ以外にもプレッシャーから体調を崩し、試合後に救急病院へ運ばれた審判員もいます。

松坂投手の審判にもペナルティーをという発言がありましたが、審判にもペナルティーはあります。今回のようなジャッジに関することだと大きく報道されますが、報道されることのない試合でも審判員は評価を受けています。それに試合後は必ず反省会を行なっています。トラブルが起きていなくても、フォーメーションや打球への動きなどが悪ければ、割り当りが決まっていても、すぐに変更されて二軍落ちとなってしまいます。昨年、若手の審判員が一軍出場の機会を得ながら、不運なことに普段あまり見ることのないプレーが起きて、それに上手く対応できなかったことを理由に即二軍行きを命じられていました。彼が涙を流している姿も目撃しています。

それに審判員は一年契約です。毎年11月に来年契約する審判員にだけ契約更新の連絡が行きます。つまり、連絡がなければ、解雇ということになります。選手のように他球団に移ることもできないので、解雇されれば、即失業です。この時期、審判員の方にお会いすると、来年契約があるのか不安を抱えています。若手で一軍に出場機会を得ながら首になった人や日本シリーズ出場経験がある人でも技術の向上が見られないことを理由に首になった人も知っています。

審判員に対する報道があまりされないので、知らないということはあると思います。今までもルールも知らない監督、選手、球団関係者、解説者が無責任に流す情報を検証もせず、メディアが報道することに怒りを感じていました。それが審判員個人への中傷に向かっている流れを感じて、正直それが許せないと思っています。たまたま見つけてブログで個人名が書かれていたので、つい反論を書いてしまいました。

長々とすみませんでした。
プロフィール

アクまの

Author:アクまの
的中を増やしたい!!
最近WIN5に興味アリ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。